May

19

事業用不動産を買う前に

ソーラーパネルつき不動産の売買が最近目に付くように
なってきましたね。
事業用不動産の売り物件は、従来だと、マンションやオフィスの一棟売りや賃借人つきアパートなどが大半を占めていたけど、最近はソーラーパネルを敷き詰めた物件も少なくないです。
都心から離れた物件だとなかなか買い手がつかなかったけど、ソーラーパネルを敷き詰め太陽光発電が実際に行われ、売電収入が入ってきているなら、付加価値も高まるし売りやすいと考えているのかもしれません。素人目線で。
ソーラーパネルを敷き詰めた物件を買えば、売電収入が20年間は継続して入ってきているので残りの年数と、購入価格などから利回りも計算しやすいと思われます。一見、購入後の管理が楽そうな太陽光発電物件ですが、管理運命をしっかりやらないと本来得られるであろう収入を逃してしまうという売電ロスがあることは案外忘れられているのではないでしょうか?
太陽光発電が毎月きちんと安定的に発電されているかボリュームにも気を配っておかないと単価は安定していても発電量が下降してしまっていることに気づかなかったら、もったいないですよね。
太陽光物件を購入する際は、メンテナンスの経費もしっかりみておく必要がありますよ。

太陽光 産業用 見積もり

Posted in 不動産 | 事業用不動産を買う前に はコメントを受け付けていません。