Nov

2

幼い頃から自分のムダ毛が濃いことで「毛むくじゃら」とあだ名がついてしまいましま。

幼い頃から自分のムダ毛の濃さに悩まされています。小学生の時には、体育の授業で体操着に着替えると、ブルマ姿になった私に向かい、近くにいた男子児童が「毛むくじゃらー。」とからかってきました。自分でも上から見る自分の足にまとわりつくムダ毛が他の女の子に比べて濃いと一目瞭然で分かっていました。

でも友達なので、女子はそのことについて触れませんでしたが、男子とはそういうところに異常に反応するのです。その日以来、私は男子に「毛むくじゃら」というあだ名がつけられました。私は母に頼むからこのムダ毛を何とかしてほしいと頼みました。母は自分も幼い時に同じ経験をしたからと、すぐに対処してくれました。お風呂で体を洗う泡を付けたままの状態で、カミソリで一気にムダ毛を剃ってくれました。ツルツルの肌は見たこともない肌の白さに生まれ変わった感覚でした。それからは一ヶ月に一~二度このムダ毛処理を行い、男子にはあのようなあだ名で呼ばせませんでした。しかし、毛が薄くなった訳ではなく、学生時代はひたすらこのムダ毛処理に気を使う日々でした。腕や腋の下などの量も増え、本当に大変でした。今は便利な除毛や脱毛器があるので楽をしています。もう少し、毛が薄かったらと思うと、今までに費やしたムダ毛処理時間を勿体無いと思う今日この頃です。
また最近は、毛穴の汚れが目立つのでブライトピュアを愛用しています。ブライトピュアについてはここを見てください。⇒ブライトピュアシミ消し

Posted in 美容 | 幼い頃から自分のムダ毛が濃いことで「毛むくじゃら」とあだ名がついてしまいましま。 はコメントを受け付けていません。