Nov

9

建物滅失登記とは

建物を解体した場合、建物が無くなったことを第三者に対抗するためにも登記をしておかないといけません。
建物がなくなったことを登記しておかないと、場合によっては固定資産税が発生したままになってしまいますし、何と言っても登記は建物所有者の義務です。
建物滅失登記の費用は、だいたい4~5万円ほどになります。申請者は本人でもできるので、登記費用を低くしたいのであれば自分で申請するのもアリです。しかし、登記するには準備しておかなければいけない書面がいくつかあります。また、建物解体業者が準備すべき書類もあるのでしっかり把握しておきましょう。まともな解体業者であれば慣れているのでスムーズに書類を準備してくれます。

申請する人は、本人ですが、司法書士や土地家屋調査士に委任することもできます。必要な書類は司法書士や土地家屋調査士が知っていますから、安心です。わからないことは事前に聴いておきましょう。建物が取り壊されてから1か月以内に申請しておきましょう。

http://木造解体.xyz

Posted in 不動産 | 建物滅失登記とは はコメントを受け付けていません。