Nov

12

血管年齢の若返りが様々な病気を予防する

血管年齢の若返りは私たちの健康にとって特に重要な意味があります。

血管事故は不摂生な食生活や睡眠不足や生活習慣の乱れによって引き起こされます。

血管事故はそれまでに蓄積した悪しき生活習慣が原因で動脈硬化が進行してしまうことで起こります。

血管にとって一番悪いのは中性脂肪やコレステロールなどの脂質成分です。

これらの脂質が血管壁から内部に入り込むことで粥状の沈着物質そして蓄積してしまいそれがプラークと呼ばれるドロドロの固まりを作り出し血管壁を盛り上げて内腔を狭めてしまいます。

それによって血流が悪くなってしまうことで血圧が高くなりまた高くなった血圧の衝撃によってプラークが破れてしまい血栓を発生させてしまいます。

その血栓が血流にのって様々な場所に運ばれ心臓や脳の血管を詰まらせることで血管事故を引き起こします。

普段からトンカツなどの揚げものやカツカレーやラーメンなどの塩分や脂肪と糖が多い食事を好んでいる場合には血管の動脈硬化が進展してしまっている可能性が高いです。

これらの肉中心の食事は血管の状態を著しく悪化させてしまいます。

また糖質の多い物ばかり食べてしまうと血中の増えすぎた糖が細胞に悪影響を与え血管の老化を加速させてしまいます。

ご飯や麺類のような糖質の多い食品は食べ過ぎないようにして低糖質の食品で代用する事も大切です。

最近は糖質0グラム麺なども食品メーカーによって開発されスーパーなどの店頭によく並んでいるのをみかけるのでそういった新しい商品を積極的に活用するようにしましょう。

また糖の吸収を抑えるトクホのコーヒーも食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれるのですい臓への負担を減らすことができます。

マヨネーズやお酢などの調味料なども糖質カットやコレステロール0だったりカロリーハーフのものを選ぶようにして一日に摂取する脂質や糖質を抑えるようにして動脈硬化の原因を排除するようにしましょう。

Posted in 健康 | 血管年齢の若返りが様々な病気を予防する はコメントを受け付けていません。