Nov

26

生理痛によって環境が変わった

元々そんなに生理痛に悩まされることはなかったのですが、20代に突入して就職をしてから一気に生理痛が重くなりました。

それどころか今までなかった貧血の症状も出始め病院に通い、鉄分の薬までもらい生理期間を過ごすことになってしまいました。医師によると、環境の変化などでも生理の重さも変わってくるのではと言われなるべく普段からストレスのたまらないように生活を心掛け、生理を迎えていました。

一番酷い時で薬を飲んでも痛みが治まらずしゃがみこんでしまうくらいまでなってしまいました。仕事上、常に座っていられるような仕事ではなく職場の上司やスタッフにも迷惑がかかってしまうと判断したためやむなく転職をする為に退職をしました。あまりにも生理痛が酷いために病院も受診し検査も行いましたが、とくに問題もないとのこと。

家系的にも生理痛が重かったため仕方ない・・と思っておりましたが、この重くなってしまった生理痛のせいで数年働いた職場も退職することになり散々な目に合いました。今はなるべく座って作業の出来る仕事につきましたが、相変わらず生理は重いままです。前のような貧血などは起こらなくなりましたが、やはり少し強めの鎮痛剤と少しでも横になれる時間は重要です。生理痛も辛いですが、生理前の情緒不安定も酷いため旦那や家族による理解も得て生活しています。

理解してくれる人がいるだけでかなり気持ちの面での負担も減り、楽に生活ができるようになりました。あとはこの痛みがなんとかなればと思いながら、カラダを温めるなどうまく付き合っていきたいと思います。子宮腺筋症

Posted in ニュース | 生理痛によって環境が変わった はコメントを受け付けていません。