Nov

26

椎間板ヘルニアを患っています

椎間板ヘルニアは高校時代、バスケットボール部に入ってた際に発症してしまいました。原因はわかりませんが、椎間板ヘルニアになってからは、つらかったことがいくつもあります。たとえば、バスケットボールのプレーの中でいうと、長時間走ることがつらくなります。

また、何度も連続して跳ぶことがきつくなります。他にも、下に転がっているボールをスライディングして取るような姿勢をとったとき、立ち上がるのがきついです。バスケットボールをプレーしているとき意外にも、椎間板ヘルニアによって間欠性跛行がでて支障がでたこともあります。たとえば、雨が降る前、雪が降る前など気圧の変わり目には非常に腰が痛くなるということです。

椎間板ヘルニアをわずらってからは天気予報よりも当たる確率の高い、次の日の雨の予測ができるようになってしまいました。また、同じ姿勢でいることが、とてもきついです。たとえば、長時間イスに座って授業を聞いていたりするとものすごい腰が痛くなります。また腰の痛さには、色々とあって、わたしの場合、腰が痛くなればなるほど、痛む場所がどんどん上がっていきます。

腰が全体的に痛み、その次は背中全体的に、そして最終的には、肩や首なども痛くなってしまいます。また衝撃がはしると、とても痛みます。たとえば、くしゃみをした時からだが揺れると同時に、腰が痛くなります。くしゅんとくしゃみをし、次の瞬間腰に痛みが走ります。これが、わたしの腰痛体験です。

Posted in ニュース | 椎間板ヘルニアを患っています はコメントを受け付けていません。