Jan

5

ビタミンC誘導対

にきびができると、非常に気にかかってしまいますが、にきび痕ができてしまうと、事態は一層深刻になります。にきびが出来た箇所を汚れた手で触ったり、最悪の場合潰してしまうことがありますが、対処が悪いとにきび痕が残ってしまいます。にきびに余計な刺激を与えると、炎症が肌の奥深く真皮層にまで広がってしまい、症状がひどくなります。にきびがひどくなると、一見元通りに回復したように見えても、クレーターのような表面のでこぼこができてしまうことがあります。にきびは何もしなくても自然と治ってしまう場合もありますが、症状が悪化しないように、できるだけ刺激を与えないようにしなければいけません。にきび痕がクレーターのようになってしまった場合、肌を回復させることは難しいと言われています。最近は、ビタミンC誘導対などが配合されているような化粧水が注目されていますが、それを使ったからといって肌の健康が元に戻せるとは限りません。
http://www.sportscarsnews.net/

Posted in その他 | Tagged | ビタミンC誘導対 はコメントを受け付けていません。