Nov

16

レシプロエンジン

レシプロエンジンという名称をご存知でしょうか?レシプロは、英語のレシプロケイティングを短くいった言葉です。

このレシプロエンジンは、シリンダーの中をピストンが上下し、その往復運動をクランクシャフトを使って回転運動に変え、動力として取り出す方式のことです。実は、自動車のエンジンというのは、そもそもこのようなレシプロエンジンという方式でスタートしたんです。その後、4ストロークエンジンが登場しました。作ったのは、ドイツ人のオットーという人なんです。その人が、4ストロークエンジンとして完成させました。それから、2ストロークエンジンが作られました。それを作ったのはイギリス人のクラークという人です。その人が2ストロークエンジンを完成させました。そして、今度はディーゼルが登場しました。開発したのは、ドイツ人のディーゼルさんという人です。ですから、ディーゼルエンジンは、このひとの名前からとられたということなんです。これらのエンジンは、いずれも19世紀後半に作られました。車の下取りの概算は?

Posted in その他 | レシプロエンジン はコメントを受け付けていません。