May

16

ザンミーラネイルで夏は美しい爪

日本上陸直後は東海地区限定で販売されていたザンミーラネイル。その後は全国展開になりよく売れているそうです。なかなか爪の表面をケアできる美容液はないので注目度は高いですよね。

そんなザンミーラネイルですが、足爪用浸透補修液というカテゴリです。保湿効果のある成分を配合し、爪のツヤ感を上げるのがザンミーラネイルの仕事。

浸透力があるようなので、今までやっていた爪の表面をヤスリで磨いて綺麗にするのとは根本的に異なります。爪も皮膚と同様で、保湿していないとカラカラになり見た目が悪くなります。それだけではなく、外部からの刺激にも弱くなるので、もろくなったり、割れやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなったりします。

ガサガサ・ボロボロになった爪を保湿し、爪が生え変わる期間(足の場合は半年~1年)をしっかりケアしておくことで、段々と綺麗な爪に入れ替わっていきます。

ただ注意したいのは、足爪にマニキュアをしている場合、マニキュアがバリア代わりになってしまい、その上からザンミーラネイルを使っても効果はありません。それどころか意味がありません。

何もしなければ爪は悪くなっていくので、ここは半年我慢してザンミーラネイルを塗ってみてはいかがでしょうか。

爪の変形も正しく手入れをしてあげることで、綺麗な爪に入れ替わっていきますが、つま先が細い靴や指先に体重が乗らない歩き方をしていると変形したままです。綺麗な形にはなりません。

爪はもともと巻き爪のように丸まる性質があるので、爪のケアだけではなく靴や姿勢、歩き方まで影響が出ます。形が悪くて悩んでいる方はこういったところも注意してみてください。

深爪も良くなく、巻き爪の原因になったり、雑菌が侵入しやすくなります。足爪は特に丸く切るのではなく、先端に沿ってまっすぐ切る方がいいですね。両端だけ少し丸みを与えて引っかかりにくくするのは構いません。少しだけ角を切るようにしましょう。足爪は可能なら爪切りよりヤスリで手入れする方がいいですよ。

また、ザンミーラネイルは保湿がメインの商品なので、爪水虫に使う商品ではありません。

ボロボロ・ガサガサというと爪水虫を想像しますが、殺菌力がないので水虫菌に使うものではありません。

爪水虫にいい商品は市販されていないので、期待したいところですが用途が異なります。爪水虫の場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

最近は通販でクリアネイルショットという商品が話題を集めています。これも爪水虫用の商品ではありませんが、愛用者は多いようですね。

Posted in 美容 | Tagged , | ザンミーラネイルで夏は美しい爪 はコメントを受け付けていません。