Oct

9

内臓脂肪型肥満

メタボリックシンドロームという言葉は、今耳にしたことのない人はいないくらい、

話題になっている言葉ですが、それはいったいどういう意味なのでしょうか。これにはまず内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)と呼ばれる肥満の型の人ががそれにあたります。そしてそれに高血糖・高血圧・高脂血症のうち、二つ以上を合併した状態のことをいうのです。これまで日本で行われたメタボリックシンドロームの診断や対策は、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準が元になっていました。これが2005年4月に開催された日本内科学会総会において、かねてより待望されていた日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が発表されたのです。今ではそれが日本の診断基準となり、その対策が考えられるようになりました。まず内臓脂肪の蓄積をウエスト径で判定するのが、その具体的な診断法です。男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。
モテフィット

Posted in その他 | 内臓脂肪型肥満 はコメントを受け付けていません。