Oct

9

本来の目的

このごろメタボリックシンドロームという言葉をよく耳にすることがあります。

メタボリックシンドロームというものの対策も考えられるようになった本来の目的は、動脈硬化から起きる循環器病をいかに予防するかということなのです。その循環器病とは、心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気、そして脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などのことです。動脈硬化になっても、ある程度症状が進まないことには、なかなか症状がでてこないところが、この病気の恐ろしさです。しかも、動脈硬化によって起こる循環器病は、主に働き盛りの人に突然発症することが問題になっています。生命に関わるほどの重大な病気になることも多々あり、それに伴う後遺症も深刻です。メタボリックシンドロームをそのままにしておくと、それはやがて動脈硬化を引き起こすことになるのです。動脈硬化にならないために、メタボリックシンドロームの段階でしっかり対策ができていなければなりません。
モテフィット

Posted in その他 | 本来の目的 はコメントを受け付けていません。