Dec

19

血液サラサラで良好な状態にする

DHAはEPAの代わりができるものなの?EPAの、血液をよく言うところの血液サラサラで良好な状態にするという働きを語ってみると、DHAはそのEPA的な働きを完全にカバーするものではないと言われています。

血液の粘度、つまり血液のサラサラ具合に重要な赤血球の粘度について比較した人の試験では、EPAを摂った際はEPAが赤血球の膜に食われて赤血球自体が柔らかくなり、血液の粘度もやわらぐ(サラサラになる)ことが発見されたのに対して、DHAを摂った際はEPAより赤血球の膜に取り入れられにくく、赤血球の柔らかさと血液の粘度がどれもこれも改善を確認されなかったというレポートがあります。研究サイドから見てみるとEPAは、純度ほぼ100%濃度の医薬品で研究が繰り返されてきたので、人が食べるとどういった結論になるのかが判明しているそうです。対してDHAでは100%の濃度のものを人が食べた研究はほとんどなく、実際はEPAも混ざった魚油による研究の結果が語られているというのが実状です。その結果、EPAは血液のサラサラ効果、つまり血液や血管に対する健康に色々と効果があることは判明していますが、DHAではっきりと言えるのは、脳や神経には存在していて、母乳に含まれるということまでです。DHA,サプリ,おすすめ

Posted in 健康 | Tagged , , | 血液サラサラで良好な状態にする はコメントを受け付けていません。