Feb

14

生活における習慣は。

日々の生活における食事や運動そして睡眠やストレスなどの生活における習慣は、血液の状態や流れに大きく影響するのだそうです。

生活習慣の乱れから凝固されてしまう糖尿病や脂質異常症、高血圧症といった俗に言う生活習慣病の発症、血液や血管の状態はとても親密な関係なのだそうです。とりあえず血液の状態をチェックしてみてください。ドロドロと診断された方何が原因なのかを考え確認した上で、生活習慣を足見直すことが重要です。またさらさらと言う判定だったとしても、油断は禁物です。休むことなく全身に流れる血液の日々の状態は、生活習慣病によっていつでもどんな時でも変化しているのです。私たちの体に流れている血液は体重の約8%なんだそうです。例えば体重が60キロ前後の人なら約5リットルの血液が体中を駆け巡っていると言う計算になるのだそうです。さらに、血液の主な役割は3つ、赤血球と白血球と血小板です。また、血管は単純に血液の通り道である下などではありません。血液循環を止めないようにサポートするのが役割なんだそうです。血液循環のスタートは心臓、血管は心臓から出てくる太いそして強い動脈と血管から枝分かれして細くなり細胞組織の中で酸素、栄養素、老廃物などの京都市を行う毛細血管、役目を果たした血液が心臓に戻ってくる静脈の3種類があるんだそうです。この血管を長持ちさせるためには、毎日の生活習慣をきちんと行ってください。DHAEPAサプリメントを比較してみました。

Posted in 健康 | Tagged | 生活における習慣は。 はコメントを受け付けていません。